食後の眠気や、運転中の眠気対策にオススメな方法

スポンサーリンク

長い長いゴールデンウィークが終わりました。
ほとんどの方が、きっと日常生活に戻られていると思います。

業種によってさまざまではあると思いますが、10連休。
お盆、正月休みでもなかなか10連休ってないですよね。

特に、金融機関にお勤めの方なんかだと、
正月休みも大みそか、三が日が休みだけ。
うまく週末が絡んでも6連休くらいでしょうか。
だから、

「10日も休んだことないから何したらいいんだろ~」

ってちょっぴり悩まれていたくらいです。

また、細かい作業をする技術職のお客様の場合は

「明日からちゃんと手・・・動くかな~」

と、心配されていました。

2、3日ならなんてことないんだけど10日休むと手の感覚鈍りそうで
ちょっと不安を抱かれているご様子。

それを聞いてふと、私も確かに!って思いましたね(汗)

さて、連休が明けて、仕事をガッツリ頑張らないと!って思っていても
休み明け、食後や外回り中は眠たくなるもの。

眠いのを我慢して仕事したり、運転中に睡魔と戦いながら運転するのは
効率的ではないし、ましてや車の運転中はとても危険!

そんな時は素直に、

15分くらい仮眠をとりましょう!

先日、TBS系列のサタデープラスという番組内で紹介されていた
仮眠をとるときのコーヒーの飲み方。

コーヒーってカフェインが入っているから眠気が吹っ飛んで
眠れなくなるんじゃない??
って思いがち。

でも、テレビでおなじみの池袋大谷クリニックの大谷Drによれば、

「コーヒーに含まれるカフェインが身体に作用するのは
摂取後15分くらいしてから」

とのことでした。

つまり!

コーヒーを飲んで15分くらい仮眠をして目を覚ました頃が

ちょうどカフェインの効果が出てくるころ!
というわけです。

これから暑くなりますが、できるだけ冷たいアイスコーヒーではなく、
温かいホットコーヒーで一息つきましょう!

アイスよりも、ホットの方がコーヒー本来の香りを感じることができます。
コーヒーの香りにはリラックス効果があると言われていますしね。

上手に効率よく物事を進めるために!
コーヒーを取り入れてみてはいかがでしょう??

でも、そもそもそれ以上に疲れていて眠気が・・・
なんて時は全身の筋肉の緊張をとることが必要です。

そんな時にはフラットでのコンディショニングをオススメします!
(※ オススメはコンディショニング60分コース)

身体の深部の緊張も心地よく解放させていきますよ♬

気軽にご相談くださいね!

(※ カフェインレスコーヒーの場合は同様の効果を保証していません)

この記事を書いた人
<院長 : 山田修平>
ただ揉み解して気持ちよかった!で終わらず、その気持ち良い身体が長続きするためのコンディショニングをコンセプトに施術しております。
身体のことでお困りの方は気軽にご相談ください。
美容鍼の施術も行っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク