スポンサーリンク

映画化された、そのタイミングで本屋で見つけてちょっとまず読んでみよう!
と思ってみた作品です。

なんだかんだ東野圭吾作品はスラスラと読みやすい!
夢幻花、手紙、流星の絆、ガリレオの苦悩などなど読了してきたけれど
これまでの中でも面白い!と感じた作品の一つ!
それが「マスカレードホテル」ですね。

表紙には
不可解な殺人事件の次の犯行現場は、超一流ホテル。
容疑者も、ターゲットも不明、事件解決のため、一人の男が選ばれた。

完璧にばけろ。
決して見破られるな。

とあります。

映画では、主演が元SMAPの木村拓哉さんと、女優の長澤まさみさん。

全部読みきった後に振り返ってみると
「映画ナイスキャスティングなんじゃない?」って感じましたね。

キムタク〜って感じの演技がよく合いそうな刑事役。
そして、できるホテルスタッフが長澤まさみさん。

謎の連続殺人事件。
そして、次に犯人が殺人を起こすと予告するのがストーリーの舞台となる高級ホテル。
犯人は誰なのかわからない。
狙われている人物も誰だかわからない。

絶対に、殺人事件を起こさせないために警察官と、ホテルスタッフが
互いの感情を押し殺しながら己の任務を遂行しながらも奔走するという、
なかなかスリリングなストーリーでした。

映画の評価はどうなのか??
どうもキムタクの演技がGOODと捉える人もいれば、NOの人も。

多分、映画から入るとう〜んイマイチかな、って思うのかも・・・。
個人的には、本を読んである程度ストーリーが頭に入っている状態で
それを映像化した映画を見た方がより作品の良さが伝わるんじゃないか?
なんて思いますが・・・。

ま、こればっかりは人それぞれですからね。
なんとも言えません。

自分が読んだ東野圭吾作品オススメは!
・夢幻花
・手紙
他にも、色々と読みましたが。

中でも、手紙は本当に色々と考えさせられるストーリーでした。
重い!っていう人もいるとは思うけれど、でも読んでみてほしいですね。

こちらも映画化されているので、活字が苦手な方は映像でも良いかと。
できれば本を読んで欲しいですけど。

話題作の多い東野圭吾先生。
あ、これ面白そう!という本当にちょっとした直感で良いと思います。
その直感大事にして欲しいです。

僕は次はちょっと前の作品ですが
幻夜、白夜行を読んでみようかと計画中です。

その前に読まないといけない本が大量にあるのでコツコツと読了してから。

今回のマスカレードホテルがBlu-rayかするまではおそらく半年くらいは
かかると思うので、それまでにいくつか読んでおきましょうかね。

では、また読み終わったらこちらに投稿したいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク