スポンサーリンク

お花のある生活にオススメなガーベラ。
かなりお花に疎くても、誰しもが名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか?
パッと開いたお花は元気で可愛らしい。部屋の中に飾ると雰囲気が明るくなります。
色によっても変わる花言葉。でもガーベラに関してはネガティブなものはなくポジティブ。
明るく前向きに頑張っている人、ちょっと辛いことがあって落ち込んでいる人に前を向いてもらいたい!
そんな想いを込めて贈ればきっと気持ちが伝わります。

ガーベラについて

和名  ガーベラ 英名  Gerbera
学名  Gerbera 原産地  南アフリカ
 キク科  ガーベラ属
開花期  4〜6月、10〜11月

ガーベラの特徴について

ガーベラはキク科の多年草です。温暖な主に熱帯アジアやアフリカなどに分布しています。
まっすぐに伸びた花茎から5〜10センチ程度の花をたくさん咲かせます。
比較的育てやすく、一旦冬には枯れるものの、放っておいても翌春には目を再び出してくれます。
※ 寒冷地の場合はうまく芽が出ないことも
ガーベラって何種類くらいあるの?
大きさの点で分類すると、大輪のものから、小さくて可愛らしい「ミニガーベラ」とう名称で
販売されているものがあります。
ガーベラの花は赤、オレンジ、黄色、ピンク、紫、ホワイトなどの豊富な種類があります。
開花時期が年に2回あるので、春と秋に楽しめます。

ガーベラの花言葉は?

タイトルにもあるように
花言葉は「希望」「前進」
・赤のガーベラは「神秘」「燃える神秘の愛」
・オレンジのガーベラは「神秘」「冒険心」
・黄色のガーベラは「究極美」「究極愛」
・ピンクのガーベラは「感謝」「崇高美」
・ホワイトのガーベラは「希望」「律儀」

前を向いてと言うメッセージとしてガーベラを贈るとき

花束もしくはフラワーアレンジメントで贈る方法があります。
たくさんある方が良いようにも思えますが、ガーベラは一輪でも大輪のものであれば
それだけでもかなり見栄えは良いです。

花束の場合こんな感じでいけると映えます

たとえ一輪でも存在感があります。
と言っても主張し過ぎない可愛らしさがあります。

黄色のガーベラは「究極美」「究極愛」が花言葉。

美容院だとか、エステサロンなどなど美を追求する店舗にさりげなく
置いておくと良いかもしれませんね。

2輪の花でも綺麗ですよね。

フラワーアレンジメントの場合

ガーベラだけではなく様々な花の中にガーベラを数本いける。
それだけも主張し過ぎず、控えめ過ぎないのが良いですね。

フラワーアレンジメントの中のガーベラ。
時間が経つと生花は枯れていくもの。
複数の種類のお花といけるアレンジメントですと良いタイミングで
お花が枯れていくわけではないので、タイミングを見て花瓶に一輪でも
二輪でも移してげるとそれだけでも美しいですね。

浅いお皿に茎を切ってお花の大輪を浮かべるのもオシャレですよ。

まとめ

ポジティブで前向きな花言葉を持つガーベラ。
長持ちするし、一輪挿しでも十分に個性を出してくれる。
良いお花です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク