雑記

丸亀うどんの「カレーうどん」でホッカホカ。カレーでー認知症予防

先日寒かったので何を食べようかな?って思ってたら丸亀うどんが目に入ったのでカレーうどんを食べに行ってきました!

なぜカレーだったでしょう??

カレーに入っているターメリックというスパイスの特徴は?

ターメリックに含まれている「クルクミン」には様々な健康に良い作用があります。

日本で馴染みの深いウコンはターメリックのことです。

ウコンは時期によって成分が異なる?

春に花を咲かせるウコンは春ウコン(別名ワイルターメリック)

クルクミンの含有量は秋ウコンに比べるとかなり少ないけれども、ミネラルを豊富に含み抗がん作用など、生活習慣病の予防に効果的と言われています。

秋に花を咲かせるウコンは秋ウコン(ターメリック)と呼びます。

秋ウコンはクルクミンを豊富に含み、カレーなどに使われるターメリックは黄色色素でポリフェノールに分類されます。

ターメリックに含まれるクルクミンには脳内老化を抑制し、認知症予防に効果が期待できるのではないか?と考えられ研究が進められているそうです。

実際、認知症の中でも患者数の多いアルツハイマー型認知症。

脳の神経細胞の中にアミロイドβという特殊なゴミが溜まることが原因で発症します。

クルクミンはそのアミロイドβが溜まりにくくする作用があります。

カレーをよく食べる人の多いインドでは、認知症の人が少ないという論文が出ているそうです。

スポンサーリンク

丸亀うどんの「カレーうどん」

もちろんネギたっぷり乗せで!

ちょっぴり辛くて、汗かきのわたしは食べながら汗ダラダラ。

でも体がホットになってGOODです!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

カレーが嫌い!っていう人はそう多くはないかと思います。

専門家によれば、週2〜3回カレーを食べるのが理想とのこと。

仮に、毎日とまでいかなくても意識的にカレーを食べることで脳内細胞の老化を予防することも可能です。

もし、特にこれ!ってのがない場合でカレーがあるのならカレーを選択するのがオススメと言えます。

意識的にカレーを食べるようにしてみは?

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

ツイッターでシェア、はてなブックマークでシェアしていただけると

嬉しいです!は

ABOUT ME
アバター
島暮らしに憧れる鍼灸師
鍼灸師の私が、「健康」と「美容」に関する気になる情報をわかりやすく説明!ひよっこのブログサイトではありますが、こちらで情報を発信中です!ブロガー仲間パソコンとつながりたい!目指せ島暮らし♪
あわせて読みたい