ハンドケアにおすすめ記事はこちらCLICK!!

コロナワクチン接種の3回目の副反応は2回目と比べて軽いのか重いのか?感染症専門の医師に聞いたお話まとめ!終息の時期についても!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

12月1日から新型コロナワクチン接種の3回目が始まりましたね。気になるのは副反応はどうなのか?

正直2回目の副反応がかなり強くて大変だった、という人からすれば3回目はかなり慎重になるのも当然。私も1回目は腕が痛いくらいだったけれど2回目はそれなりに副反応が出ました。

副反応が軽ければ打つけど、2回目と同じか、それ以上に重いならちょっとやめておこう、と考えている人もいるはず。オミクロン株という変異株も出てきたし・・・。

と、なかなか困っちゃうようなタイミングでたまたま私の鍼灸院に現役の某大学の感染症専門の医師がお客様として来店されていろいろ教えてくださったので、まとめていきます!

ワクチン接種は義務ではないので、あくまで個人の判断。その判断材料の一つになれば幸いです。

目次

ワクチン接種3回目の副反応について

12月1日から始まった新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種。

1回目の時と同様に医療従事者への接種が先行して始まりました。2022年1月から高齢者を中心とした一般の人達への接種が始まるとのことです。

気になる副反応はある、とみられているそうです。

その副反応について2021年11月1日(月)20時~放送の特番、「TBS 千鳥のかいつまんで教えてほしいんじゃ!」でコロナが拡大してテレビでよく見かけるようになった感染症専門医の佐藤昭裕先生が、

海外のすでに3回目摂取が始まっている国のデータを見てみると2回目よりもひどい副反応が出ることはない

というようなコメントをされていました。

なんで3回目の接種が必要なの?

日本でワクチン接種が始まったのが2021年の3月から。一般向けの接種が始まったのはその後。

ファイザー製、モデルナ製ともに2回目をしてから半年以上経過すると中和抗体量が減少して新型コロナウイルスに感染する可能性が高まります。

日本では2回目を接種してから半年経過して中和抗体量が減少したことでの感染拡大は起きていないので、今後の感染拡大しないために3回目接種が必要と言われています。

3回目の副反応は2回目と比べて本当に軽い?実は重いんじゃない?

今回たまたま私の鍼灸院にお客様で来店された医師も感染症専門医だったので見解を聞いてみました。

その医師に聞いたところ、

3回目は2回目より軽く感じるだろう

とのことでした。

3回目の副反応が軽く感じる理由

1回目、2回目と接種を受けて2回目の時に副反応として頭痛や発熱、倦怠感などが出る、と言われていて本当にそのような反応が出た記憶が既にある状態で3回目。

簡単に言えば心の準備ができている状態で3回目を受けるので、そうは思っていなくてもある程度は副反応があることを受け入れている部分があるそうです。

もっと簡単に言えば「慣れ」だそうです。

繰り返し受けることで最初は恐怖心があったものが、慣れて恐怖心も何も無くなったりすることがありますよね。ワクチン接種もそれと同じことなんだそうです。

3回目も2回目と同程度の副反応が出ても、2回目の時に副反応を経験して慣れているので3回目の副反応に対して、やっぱり副反応が出たか、と受け入れることができる

だからなんとなく2回目よりも軽く感じるってことのようです。

NHKあさイチでのワクチン3回目の情報追記

3回目のワクチン接種が進んでいるイスラエルで接種後の副反応がどの程度なのかデータを収集したところ、

  • 注射部位の痛み 
  • 疲労 
  • 頭痛 
  • 筋肉痛 
  • 悪寒 
  • 関節痛 

については、2回目よりも強い、もしくは同程度の症状だったそうです。

3回目の方が顕著に軽かった症状は発熱です。

2回目の時に発熱を訴えた割合と3回目の割合を比較すると約半分でした。ということから発熱によって関連して起こる悪寒や関節痛、疲労や頭痛はやや軽い可能性もあります。

日本製のワクチンを心待ちにしている人に

感染症専門医のお客様に日本製ワクチンを心待ちにしている人もいると思いますが・・・と質問してみました。

回答は、

もちろん、海外製よりも国産ワクチンの方が安心だし、国も早く国産ワクチンができれば高い海外製を輸入しなくて済むからその方が良いんですが・・・

1回目は海外製を打った方が良いです。2回目以降は国産ワクチンで良いと思います。

とのことでした。

最初から国産ワクチンで、というのが一番安心だし、理想だと思うけれどと前置きした後に、

1回目から国産ワクチンというと効き目が落ちるから、1回目はファイザーなり、モデルナ製を打つのが理想で、2回目からは国産ワクチンでも良いと思う、とのことでした。

国産と海外製は抗体の量が違う、と言っていたように思います。

感染症専門の医師に聞いた!終息の時期はいつ頃?

日本では夏場に感染拡大していたデルタ株を抑え込みつつありますが、感染症専門の専門の医師の見解として

9〜10月にかけて急ピッチで日本はワクチン接種を進めて8割の人に接種が完了して、それで感染者数もかなり減少している。

海外だったらマスクをはずしてコロナ前の日常が戻っていてもおかしくない、けれど日本はどうかというと

感染者数が少なくてもマスク着用、手指消毒、換気、密を避けるといった対策を継続していることが感染者数が増加していない理由の可能性が高いとのことでした。

やまだ

ヨーロッパでは感染拡大している中、日本の感染者数が極端に少ないことに対して、検査してないんじゃないか?とか色々疑念を抱かれているんだとか。

オミクロン株の動向次第ではあるものの、内服薬ももう時期とのことなので1月、2月をこのレベルの感染者数で乗り切ることができたら春には日本は落ち着いていくんじゃないかとのこと。

なんと、ちょっと終息も見えてきたような、でも油断は禁物!

最後に…

感染症専門医の医師に聞いたお話をまとめてみました。自分が感染しないために、人に感染させないためにできる方法の一つとしてワクチン接種という捉え方で良いと思います。

ワクチン接種したから予防・対策をしなくて良い、というわけではなく終息までは継続するのが多くに命を守るために大事だと思います。

未接種の方で接種予定の方は対策をこちらでまとめています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる