ハンドケアにおすすめ記事はこちらCLICK!!

トンジギで使うジグのおすすめは何?数ある中から選ぶ際のポイント伝授!三重県鳥羽沖でトンボマグロを釣る

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

最近流行しているトンジギことトンボジギング。実際の釣行で使うジグ次第で坊主か坊主でないか左右すると言っても過言ではありません。

おすすめは何か?ビギナーは行ってみないとわからないと思いますが、坊主は避けたいところ。そんなアングラーに数ある中から選ぶ際のポイントを伝授します!

この記事はこんな人におすすめ

三重県鳥羽沖でトンボマグロを釣りたい!という人

目次

トンジギで使うジグのおすすめはある?

トンジギで使うジグ(メタルジグ)のおすすめは長めの“ロングジグ”です!

なぜなら、トンジギで狙うトンボマグロことビンチョウマグロは回遊魚で一定の場所にとどまっているわけではありません。

トンボマグロはマグロの中では小さい方ではあるものの魚種の中では大きい方。ベイトも小魚よりは少し大きめになります。

だからジグのサイズをベイトのサイズに合わせるとロングジグになります!

メモ

大きなジグに反応がない場合はベイトが小さい可能性があります。

その場合はロングジグではなくセミロングのジグを使うのがおすすめ!

トンジギで使うジグを選ぶ際のポイントは重さ

通常ジギングではジグを一度ボトムに着底させてからロッドをしゃくってジグにアクションをつけて獲物を誘いますが、トンジギはボトムに落とす必要はありません。

トンジギでは船長の指示するタナ(深さ)にジグをいかに早く合わせることができるかがポイントです。

他の魚種に比べて視力が良いと言われるマグロに遠くからでもジグを認識させるには150〜400g程度のロングジグでアピールする必要があります。

POINT!!

ジグが軽いと流されたり、お隣さんのラインと絡んでお祭りするなど迷惑をかけてしまったり、船長が指示するタナ(深さ)に合わせるのに時間がかかります。

軽すぎはNGです!

※状況やポイント(場所)で最適なジグの重さは変わるので、ビギナーで最適なジグの重さがわからない場合は船長さんにきくか周りのアングラーさんに聞きましょう!

トンジギでジグを選ぶ際のカラーは?

魚は色を識別できない、と言われてきましたが、最近は色を識別する力があることが研究でわかってきたそうです。

マグロに限らず、、シルバーや赤とゴールドのアカキン、ブルーとピンクのブルピンなどが人気のカラーですよね。

トンジギで使うジグも同様にシルバーやアカキン、ブルピンがおすすめです。

光が弱い曇りの日や日の出や日没にはグロー系のカラーの反応が期待できます。

数ある中から選ぶ!釣れるジグメーカーは?

トンジギで必要不可欠なジグ。数ある中から選ぶ、坊主か坊主でないかを左右すると言っても過言ではない、釣れる有力なジグメーカーを紹介します!

【スミス】CB.ムラマサ 3S

左右非対称の形状で「クリン」とスパイラルしながら横方向にスライドし、縦方向にはゆっくりと沈むような設計。

スパイルしながら横方向でいる時間が長くなることで魚へのアピール力を高めることを可能に!

魚の活性が高い時はムラマサよりも機敏な動きをするCB.マサムネ、CB.ナガマサがおすすめです。

CB.マサムネ

CB.ナガマサ

【BREED】ゴラッソ ロング

ジギングでマグロを釣るために開発されたGORAZO ロング。

休まずジャークももちろん、ただ巻きでも食わせる。そんなGORAZOの特性を活かしてロング化したのがゴラッソロングです!

高級魚のアラ狙いでもスロージギングでの実績があるルアーです。

【UROCO】ウロコジグ オリジナル

本物の魚のような鱗があるのが特徴で、魚も本物と勘違いしているはず?

トンジギアングラーからの評価も高く、重さのバリエーションも豊富でトンジギアングラーからも評価が高いジグです。

トンジギで使うジグのおすすめは何? のまとめ

トンボマグロを釣るトンジギ。釣れれば大満足なのは間違い無いですが釣れなかった時のショックは大きい。

使うジグでショックを避けれるならおすすめを選ぶのがベストです。

釣れている旬なジグを選んで坊主を避けて楽しいトンジギ釣行にしましょう!

釣り好きなら知ってる!広瀬マンが使うタックルはこれ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる