雑記

伊勢湾ジギングで狙う魚種は?シーズンごとに変わるヒットジグの選択が坊主回避の鍵!

伊勢湾はシーズンを通して様々な魚種が釣れる場所。

伊勢湾ジギングで狙う魚種は?と聞かれてその時の旬を知らなかったら流石に釣れません!

シーズンごとに変わる魚種に合わせたヒットジグを選択することが坊主回避には必須!です。

この記事ではシーズンごとの伊勢湾ジギングで狙う魚種についてと、ジグ選択のポイントについてご紹介します!

坊主を回避したい!という方は是非読んでみてください。

釣り専門の動画チャンネル /

月額1,200円(税別)を14日間無料でお試し!

伊勢湾ジギングで狙う魚種は?

様々な魚が釣れる伊勢湾ジギングで狙う魚種は?

タチウオ、マダイ、アオリイカ、サバ、アジ、ハマチ、カンパチ、ヒラメ、シーバス、サワラなど。

食卓に上がる様な魚が釣れるのが伊勢湾の魅力です!

季節ごとに変わる魚種

同じ魚でもポイントや季節によって異なるルアーを使用しないとヒットしないことが多いのが、釣りの面白いところですよね。

季節ごとに変わる魚種を紹介します。

春に釣れる魚

ハマチ、鰆、マダイ、サバ、コチ、カンパチ、アオリイカなど

夏に釣れる魚

タコ、マダイ、ハマチ、コチ、アジ、サバ、ハタ系など色々

秋に釣れる魚

太刀魚、ハマチ、ワラサ、ブリなど

冬に釣れる魚

ワラサ、ブリ、鰆、マダイなど

ちょっと沖に出ればマグロも釣れてしまうのが伊勢湾の魅力です!

トンジギでおすすめのタックルは?種類と価格を調査!三重県鳥羽沖でトンボマグロを釣る今人気が急上昇中のトンボマグロをメタルジグで狙うジギンゲームのトンジギ。大型回遊魚とのビッグファイトに備えてタックル選びは重要!人気急上昇のトンボマグロを三重県鳥羽沖で釣るトンジギにオススメのタックルの種類と価格を調査しました!...
スポンサーリンク

メタルジグ(ジグ)選択のポイント

メタルジグ選択のポイントは、狙う魚種がその季節に何(ベイト)を捕食しているかに合わせることです。

小さなベイトを捕食している時期に大きなルアーを使用しても釣果は上がりません。

春先は小さめのタングステンのジグ

春先は小さめベイト(小さなイワシなど)を捕食している魚が多いですが、ポイントが深いこともあるので小さくても重いタングステンのジグを使用するのがポイント。

鉛のメタルジグは安いのが売りではありますが、小さくて重くすることが難しいので、小さくて100g前後のジグとなると高価ですがタングステンのジグを選択することになります。

ただ、魚偏に春と書く鰆は歯が鋭く、ヒットしてもラインを切られジグをロストしてしまうことがしばしばあります。

鰆カッターと呼ばれるくらいにラインを切っていくので厄介な魚です。

タングステンのジグは1個1,500円以上するので、ラインを切られてロストしてしまうという最悪の展開を釣れる前から考えてしまいがち。

ですが、タングステンと、鉛ではやはり釣果に大きな差が出るので覚悟を決めましょう!

秋冬はサイズの大きいもの(長い)メタルジグ

9月くらいから太刀魚の数釣りが楽しめます。が、太刀魚も鰆同様にはが鋭くラインを切られるのが難点です。

太刀魚にラインを切られない対策として長め(15cm〜)のメタルジグを使用しましょう!太刀魚のポイントは深い場所が多いので200gくらいのメタルジグで長め!がポイントです。

もちろん、短いものでも釣れますが、ジグを丸呑みされた際にラインを切られることが多いです。

秋冬は魚も大きくなるので、捕食するベイトも大きくなります。それに合わせてジグも大きめのメタルジグがオススメです。

鰆・太刀魚対策

ラインカッターの鰆・太刀魚対策としてPEラインと結束する際は太いリーダーを使うことで切られる心配、リスクが減りますよ。

ただ、ラインが太くなればなるほどPEラインとの結束が難しいので、その点さえクリアできれば問題なしです。

オススメのタングステン、メタルジグ

オススメのタングステン、メタルジグのメーカーはDAIWA、Hayabusa、メジャークラフトなど。

各メーカーからメタルジグ、タングステンと販売されています。大手のメーカーが実績はありますが、ここからは好み、だとか、魚の気持ちになって考えて、美味しそうだ!と思う物を購入するのも良いと思います。

釣具に行くとオススメされているのはだいたい下記の3社です。

DAIWA


Hayabusa


メジャークラフト


マダイのタイラバも鉛ではなくタングステンの方がオススメです!

DAIWA

メジャークラフト

ヒットカラーは船長さんに聞くが一番

魚の食いも少しずつ変わります。

釣り人は毎日海に出れるわけではないので、ヒットカラーは船長さんに聞くが一番!

釣行前にヒットカラーを確認して持っていなければ流行りのメタルジグを用意して行くことをオススメします!

乗合船について

乗合船について

伊勢湾でジギングをするなら三重県なら鳥羽、四日市。愛知県なら知多半島、渥美半島の各漁港や港から乗合船が出船しています。

釣具のことならイシグロさん!ホームページで乗合船のリストが紹介されているのでご覧ください。

伊勢湾ジギングで狙う魚種は? のまとめ

ハマチ・ワラサ・ブリといった青物と呼ばれるヒットすると引きが強く釣りの醍醐味を味合わせてくれる魚が伊勢湾では季節問わず釣れます。

ただ、ポイントはメタルジグの選択です。釣行の際はジグのサイズ、カラーなどを意識して選択して坊主回避しましょう!

\5000本の動画が2週間見放題/

☑️無料期間中の解約で0円

素人でも動画で勉強すれば釣れますよ!

ABOUT ME
アバター
島暮らしに憧れる鍼灸師
鍼灸師の私が、「健康」と「美容」に関する気になる情報をわかりやすく説明!ひよっこのブログサイトではありますが、こちらで情報を発信中です!ブロガー仲間パソコンとつながりたい!目指せ島暮らし♪
あわせて読みたい