ハンドケアにおすすめ記事はこちらCLICK!!

ささくれにハンドクリームはおすすめ?肌荒れ、爪割れしやすい人も塗ると効果的な理由と鍼灸師の私が使っている商品を紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

いまご自身の手は乾燥していてささくれが出来たり赤切れしたりしませんか?そんな時にはハンドクリームを使えば綺麗になるのでおすすめです!

でもどうしてささくれや赤切れにハンドクリームに効果があるのか、併せて肌荒れや爪割れしやすい人にもオススメな理由を解説します。

手が命!の鍼灸師の私が使っている商品も紹介しますよ!

目次

ささくれにハンドクリームはおすすめ?

ささくれ(さかむけ)にハンドクリームがおすすめかどうかですが、結論から言えば改善に効果あるのでおすすめ!です。

ただし、正しい効果的な塗り方をする、というのが必須条件

なんとなく塗って効果が100%出る、というものではなくあくまでしっかりと正しく塗る!というのがポイントです。

そもそもなぜささくれができる?その原因について

ささくれ(さかむけとも言いますが)は、爪の周りの皮膚が乾燥して、角質がめくれ上がってしまっている状態です。

ざっくり、簡単に言ってしまえば皮膚(手)の乾燥です。

ささくれができた状態を放置すると、めくれた角質が衣服に引っかかって傷口が広がってしまうことも。

ささくれを放ったらかして、こんな経験ありませんか?

めくれた角質を引っ張ってちぎり取ろうとして結果的に傷口が広がってしまったという経験ありませんか?爪切りで切り取ればよかったのに・・・。

乾燥さえしていなければささくれもすることがないし、痛い思いもしなくて済みますよ!

ささくれにハンドクリームがおすすめなのは乾燥を防ぐから!

ささくれ(さかむけ)ができる理由は指の爪周りの皮膚の乾燥。

皮膚の乾燥がなければ「ささくれ」ができることはありません

だからこそハンドクリームを塗ることで乾燥が原因で起こるささくれを防ぐことができるのでおすすめなんです!

乾燥させないためにはとにかく保湿!

ささくれなど手荒れや爪割れが起きる原因について

ここまでで、ささくれは乾燥が原因で起こるとお伝えしてきました。手荒れ、爪割れも実は主に、乾燥が原因で起こります。

最も代表的なのが乾燥による手荒れです。

その乾燥につながるのが以外の場合もあります。その原因についてはこちら

手荒れの主な原因

  • 石鹸を使用した手洗い、食器用洗剤を使用することで起こる乾燥
  • 頻繁に行うアルコール消毒による乾燥

空気の乾燥する秋〜冬や、摩擦や水仕事などでお肌(爪を含む)の水分量が減少することでお肌の乾燥が起こり、結果的に肌荒れしたり、爪は水分が減って割れてしまいます。

このタイミングで乾燥を防ぎ、ささくれ予防にもなるハンドケア(保湿)が重要になります!

プチ情報:乾燥以外で肌荒れする原因はある?

主に乾燥が肌荒れの原因です。

ただ、乾燥以外のことが原因で肌荒れすることがあります。その場合は注意が必要!

例えば、

  • ゴム手袋を使うことで起きるアレルギー
  • 刺激性のあるものを触れたことによる手湿疹

が原因になることがあります。

CHECK POINT!!

手袋をはめて肌荒れしたとか、何かに不意に触れてしまった後にじわりじわりと肌荒れしてきた場合は触れたものによるアレルギーなどの可能性があります。

お肌の乾燥を伴わない肌荒れの場合は早めに皮膚科を受診しましょう

ハンドクリームって効くの?塗ると効果的な理由

ハンドクリームを塗ると効果的な理由として、クリームを塗るという行為を行うにあたって、指先や爪の周りまでクリームを塗り込みますよね?

指先や爪の周りまでしっかり塗り込むという行為が結果的に指先や爪の周りをマッサージすることにもなります。マッサージをすることで指先(末梢)の血管の血流が促進します。

血流が促進するとなんで良いの?

血の中には酸素や栄養素が含まれています。もちろん傷口を修復してくれる免疫細胞も。つまり、指先の血流が促進すればささくれている場所や爪の周りにも酸素や栄養が届きます。

酸素や栄養が増えて初めて傷口の修復につながります。

ただ、ささくれができるからといって何でもかんでも保湿するべくハンドクリームを塗らないといけないというわけではないので、その点で注意が必要です!

ハンドクリームを塗ると効果的なタミングはいつ?

ハンドクリームを塗るのはとても大事なことです。

ただ、効果的なタイミングでなかったらただ塗っただけ、になってしまいます。そこに気をつけて塗ってくださいね!

効果的なタイミング

  1. 水仕事をする前にハンドクリームを塗る
  2. 水仕事をした後にハンドクリームを塗る
  3. 空気が乾燥していると感じた時にハンドクリームを塗る

基本的に水を使って手が濡れてしまったらハンドクリームを塗るというのがオススメです。

外食して、お店で出されたそひぼりで手を拭いた時も退店する前にハンドクリームを塗って保湿しておくのがおすすめです!

こんな人は注意!!

市販のハンドクリームを塗って全く保湿されるどころか、手荒れが酷くなってきたという場合は手湿疹やアレルギー反応の可能性があります。

市販のの使用を中止して皮膚科へ受診して、医師に早めに相談しましょう。

ハンドクリームは手の状態・症状に合わせて選ぶのがおすすめ

ハンドクリームは誰でも同じものでOKというわけでありません。手の状態、症状に合わせて適切なものを選ぶのが大事!

ハンドクリームを忘れたからと言って気軽に貸して良い人と、そうでない人がいることをしっかり知っておいてください!

かさつき、乾燥が気にある人は保湿系

手の乾燥を防ぐためにはお肌(皮膚)の表面に潤いを与えて、その潤い(水分)が外に逃げないようにすることが大事!

皮膚の水分蒸発を防ぐためにはセラミドなどの保湿成分の入っているのものがおすすめ!中でも水分の蒸発を防ぐ植物油(ホホバオイルなど)がおすすめです!

保湿系はこんな人におすすめ!

乾燥しやすい 白っぽい粉をふく こまめに保湿したい

ひび割れや赤切れが気になる人はビタミン系

ひび割れや赤切れはお肌(皮膚)の乾燥がかなり進んでいる状態。

乾燥したりかさつきが気になる状態よりも入念に保湿をして、傷になっている箇所の肌再生を促す意味合いでさらに血行を良くする必要があります。

ビタミン系のハンドクリームにはビタミンB2やビタミンEが配合されていて肌再生を促してくれます。

また保湿成分としての働きもあるビタミンCは皮膚細胞へのダメージを減らし、肌再生を助ける働きがあると言われています。

皮膚がゴワゴワしている人は尿素系

尿素は保湿力だけでなく、硬くなった角質を柔らかくする働きがあります。

尿素は敏感肌などデリケートな人には向きません。

例えば、ゴルフの練習をして皮膚がマメができて硬くなった、というような時など指先が角質化している場合は尿素系がおすすめです。

こんな人には尿素系がおすすめ!

手指がガサガサする、ごわつきを柔らかくしたいとか、皮膚の赤切れやヒビといった症状が見られない

塗っていると言いながら乾燥している人にありがちなこと

よく年配のお客様にありがちなのが、

「カサカサに乾燥しているからハンドクリームは1時間おきに塗っている!でも乾燥するんだよね〜」

という声をよく耳にします。

でもよくよく聞いてみるとハンドクリームを塗る量が極端に少ない!手全体が乾燥しているにもかかわらずクリームを塗る範囲が手のひらと手の甲だけ!とか。

これでは全く、というといけませんが、効果的とは言えません。

たいてい多くの方がハンドクリームをたっぷり塗るのに抵抗があるのはベタつく、という理由。でもしっかりと塗り込めばベタつきはほんの一瞬で、すぐにサラッとします。

せっかく塗るならしっかり塗りましょう!

どれくらいの量?って思いますよね。効果的な量と塗り方をまとめて紹介していきます!

Mr.マリック流ハンドクリームの効果的な量と塗り方!爪に栄養を送る

以前、超魔術で有名なMr.マリックさんがテレビに出演時に紹介していました。私もマリックさんがいつもやってる量と塗り方を参考にしっかり塗るようにしてからささくれが全くなくなりました。

ささくれがなくなる指先や爪の周りまで栄養が送り届けられている!Mr.マリック流のハンドクリームの効果的な塗り方を紹介します!

ハンドクリームの効果的な塗り方

まずは一度試してみてください。

STEP
ハンドクリームを一関節分出す

人差し指の第一関節くらいが目安です

STEP
両手の甲にのばす

出したクリームを手の甲に乗せて両手の甲で伸ばします

STEP
指一本一本に塗り込む

親指から人差し指までしっかり塗り込みます

STEP
指の先、爪の周りも塗り込む

爪の周りを円を描くようにマッサージしながら塗り込みます

STEP
手のひらに塗り広げます

指、爪と塗り終わったら最後に手のひらを塗り込みます

STEP
最後に残ったベタベタ感は手首に

少し残るベタベタとした感じを最後に手首に塗り込みます

指、爪とマッサージしながら塗り込むことによって指の細い毛細血管にも血流(酸素・栄養素)が回るので血色が良くなります。

さらには、血流が良くなって指先がポカポカになります!しっかりまめにハンドクリームを塗ることで指のマッサージをまめにすることになるのでて先の血流改善に!

結果的にハンドクリームを塗っていたことで末梢(指先)の血流が良くなるのでささくれや傷が早く治るようになります!

やまだ

Mr.マリックさんは、保湿した手でないとできないトリックがあると言ってました。カサカサの手では手のひらにコインを隠すというトリックができないんだとか・・・。

鍼灸師の私が使ってる商品を紹介!

手が命の鍼灸師を私しておりまして、本当にハンドクリームが欠かせません。お客様の施術と施術の間は必ず手洗い、ことあるごとにアルコール消毒。

何もしなかったらあれに荒れているはず、ですが全く荒れずに過ごせているのはハンドクリームのおかげであることは間違いない!といえます。

そんな私が使っているのはドラッグストアでも買える3種類!

  • アトリックスの美容液ハンドクリーム「アンバーローズの香り」
  • アトリックスの美容液ハンドクリーム「ピーチティーの香り」
  • コエンリッチ 薬用エクストラガード ハンドクリーム

です。

アトリックスの美容液ハンドクリーム「アンバーローズの香り」

クリームの伸びが良く、またベタつきも少ないハンドクリームです。ローズの香りが強いので施術中には使えません。

仕事後や休みの日に使っています。この香りを嗅ぐともう後は休むだけ!というスイッチオフで大丈夫!という時に使っています。

私が実際に使った使用感レビューはこちらから

アトリックスの美容液ハンドクリーム「ピーチティーの香り」

施術と施術の合間やとにかく手を洗った後、トイレから出て手を洗った後などに使っています。

アンバーローズの香りよりも匂いは少ないもののほのかに香るピーチの香りが好きですね!

コエンリッチ ナイトリニュー ハンドクリーム

一日お疲れ様!という意味合いで使うハンドクリームです。集中保湿で翌朝超もっちりします!

このハンドクリームは夜寝る直前に使っています。アトリックスはサラッとしている感じですが、この商品はちょっぴり肌がもちもちっとした感じになります。

朝起きた時の手の感じは塗って寝た時と、塗らず寝てしまった時では明らかに違う!と感じるくらいの差があります!

ささくれにハンドクリームっておすすめ? のまとめ

ささくれにハンドクリームは乾燥が予防できるのでおすすめです。併せて指先まで血流が届いていないのも原因なので、しっかり指先まで血流を届ける取り組みをするのが大事です!

体を温めたり、温かいものを飲むこともおすすめ!さらには最近流行りのサウナでしっかりと全身を温めることで指先にもしっかりと血流が回るので乾燥対策におすすめですよ!

サウナの後も血流は良いけれど保湿はしっかりしましょうね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる