最新のおすすめ記事はこちらCLICK!!

ホリエモンのハッタリの流儀ってどんな本?あらすじとわたしが読んだ感想&口コミも!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

実業家でメディアやSNSで発信するメッセージがとても影響力の高いホリエモンこと堀江貴文氏。

そんなホリエモンの著書にハッタリの流儀というタイトルの作品(本)があります。

今回の記事ではあらすじと、実際にわたしが読んだ感想とSNSでの口コミについてまとめてみました。

やまだ
人生に迷っていたり、新たな一歩を踏み出そうとしているなどチャレンジしようとしている人にオススメの内容です!ぜひ読んでみてください
目次

ホリエモンこと堀江貴文氏ってどんな人?

ロケットを飛ばしたり、メディアでズバズバ発言するホリエモンこと堀江貴文氏ってどんな人?なのかWiki的プロフィールにしてみました。

 名前  堀江 貴文(ほりえ たかふみ)
 生年月日  1972年10月29日(48歳)
 出身地  福岡県八女市
 ニックネーム  ホリエモン
 出身校  東京大学中退
 職業  実業家、著作家、投資家、Youtuber
 公式サイト  ホリエモンドットコム

ライブドアと聞くと知ってる!という方もいると思います。

堀江氏は元ライブドアの代表取締役社長CEOで、2004年に近鉄バッファローズが経営難になった際に購入に名乗りをあげたり、選挙に落選したものの衆議委員選挙に立候補したりとさまざまなことにチャレンジされています。

ホリエモンの「ハッタリの流儀」について

ハッタリの流儀は、2017年に出版された「多動力」の簡単に言えば補足。

「とにかく動く」「手当たり次第にやってみる」と言う内容で30万部越えのベストセラーになった書籍。

ただ、一方で多動力を読んでそれを生かして一気に突き抜ける人と、逆にあれもこれもと手を出した結果、器用貧乏になって小さくまとまってしまう人がいることに気づいたそうです。

この両者の違いは何なのか?

それが「ハッタリの力」!

とにかく動いて動いて・・・でも成果が出ないという人がいる。

そういった人に足りないのが「大きくハッタリをかますこと」

自分のできる範囲でできることをするという小さなことでは飛び抜けれない。

人は夢を見たい生き物だから、そんなことできる訳ない!っていうようなハッタリを大きくかまして人の心を動かし、注目を集めること、それこそが本当に大事。

で、そのハッタリもうまくかまさないと意味をなさないわけで、本書の中ではホリエモン流のハッタリのかまし方のエッセンスが学べる内容となっています。

ホリエモンの「ハッタリの流儀」をわたしが読んだ感想

やりたいこと、こうなりたい!という願望があるだけでなく、そうなるためにハッタリをかます。願望を思い描いでいるだけでは人は動かない!

思いに人は共感したり、魅了されて応援したくなる生き物。

物事をやり抜くと言いながらも、実際にはできていないことが多くて、でもそれは自分の中だけのこと。

ハッタリをかます、という行為は宣言(コミット)だなと。

ライザップの3ヶ月で◯◯キロ痩せる、と宣言することで自分の中で見られる、注目される意識が芽生えるし、周りも頑張ってるかどうか気にする。

これもハッタリの一種だと思います。

わたしが読んだ感想として、ハッタリをかませない自分は自分の中で物事を済ませようとしている。

もっとやり抜く姿勢を貫くにはハッタリをかます!宣言することが必要だと、そう思いました。つまりわたし自身できてない。

本書はエッセンスがまとめられているのでまずはこれをやってみよう!次はあれを!と取り組めるので、行動を起こしているのに上手いこといってない人にヒントになる書籍だと思います。

この本もおすすめ「革命のファンファーレ」西野亮廣

ホリエモンと同じくらい影響力のあるのがキングコングの西野亮廣!

もけさん(@moke__L)が書評をあげられていますので興味ある方はぜひ参考にしてみてください。

私は読みます!

ホリエモンの「ハッタリの流儀」のクチコミ

ホリエモンのハッタリの流儀ってどんな本? のまとめ

ホリエモンのハッタリの流儀は、なんかもじもじして行動できない人、なんかやることなすこと空回り、やりたいことはいっぱいあるけれどどうしたら良いかわからない、という人におすすめの書籍。

ちょっと人生で悩んだ時に助けになる本!といっても良いとわたしは思います。

書店で見つけたらぜひちらっと中をみるだけでも良さがわかると思います。ぜひ読んでみてください!

あわせて読みたい
チーズはどこへ消えた?全世界で2800万人に読み継がれているベストセラーを読んだ感想
チーズはどこへ消えた?全世界で2800万人に読み継がれているベストセラーを読んだ感想Who Moved My Cheese?チーズはどこへ消えた?という今さならながら読んでみました。全世界で2800万人に読み継がれているベストセラー。2000年に発行されて既に20年も経...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる