個人や小規模店舗で導入すべきクレジットカード決済はどこのシステム?Square Terminalがおすすめな理由

キャッシュレス化が進み、個人や小規模店舗でも手数料引かれるからと導入をためらいつつもクレジットカード決済を検討している人もいると思います。

ユーザーの利便性を考えたらカードが使えた方が良いのは間違いない!ではどこのシステムが良いのか迷いますよね?

この記事でわかること
クレジットカード決済を導入しようとしているがどこのシステムがベストかわからない方におすすめなSquareのメリットやデメリットについて。

目次

個人や小規模店舗でキャッシュレス化は必要?

2020年からの新型コロナウイルス感染症の影響で人との接触を避けるという点で個人や小規模店舗でのキャッシュレス化が求められています。

が、どうしても事業規模が小さいと1回にかかる決済手数料が利益から引かれる形になるのが辛いところ。

キャッシュレス決済は現金以外の支払い方法のことで、

  • 前払い(プリペイド)
    電子マネー、流通系、QR・バーコード払い
  • 即時払い
    デビットカード(銀行系・国際ブランド系)、QR・バーコード払い
  • 後払い(ポストペイ)
    クレジットカード(磁気カード・ICカード)、QR・バーコード払い

があります。

キャッシュレス化を事業者側がためらう理由

現金取引であれば額面通りですが、キャッシュレス化で現金以外の決済になると決済手数料が利益から引かれます。

また、システムの導入に伴い決済手数料の他に

  • 初期投資(カード決済端末やレシートを印刷するプリンタの購入)
  • 固定費(カード決済端末のレンタル料など)
  • 月額のシステム利用料

がかかるのが最大のネック。導入を検討していても初期費用や月額の固定費の点で却下する事業者さんがいるのも確か。

そうはいってもユーザーの利便性を考えるとクレジットカード決済を導入すべきと考えている事業者は多いはず。

個人や小規模店舗で導入すべきクレジットカード決済はSquare!

さまざまな決済システムがありますが、個人や小規模店舗で導入すべきクレジットカード決済はSquareがおすすめです!

私は鍼灸院を一人で運営していて、5年くらいSquareを利用しています。一人営業の私が利用していて感じるメリットやデメリットについても紹介していきます!

Squareの決済サービスについて

Squareは、店舗や移動販売での対面決済とオンライン決済があります。

鍼灸院を運営している私は主に店舗と、出張先での対面決済を利用します。

基本的にはクレジットカード決済タッチ決済

電子マネー決済も利用可能ですが、施術代金が5,000円を超える当店では利用される方はほぼいません。

SquareリーダーとレシートプリンターがあればOK!!

SquareリーダーとBluetoothでレシートプリンターをペアリングしておけば決済後にすぐレシートの印刷ができてとても便利!

POSレジになるiPadとリーダー、レシートプリンターをペアリングして使うと売上集計などの管理もできますよ。

初期費用はどれくらいかかる?

まず導入に際してかかる初期費用が気になるところですが、

  • squareなら初期費用は決済端末のみ
  • 固定費や維持費はかかりません!
  • レシートはパソコンのプリンターでプリント可能
  • 決済代金は最短翌営業日(振込手数料は無料)
    私は振込先を指定外の地方銀行口座にしているので週1回まとめて振込まれてます
  • 周辺機器もsquare専用のキャッシュドロアーなど揃ってます

指定の口座をみずほ銀行もしくは三井住友銀行にすると最短翌営業日に振り込まれます。

私がかかった初期費用はsquareリーダー(税込¥7,980)とモバイルレシートプリンター(¥40,800)です。

ほかの費用は一切かかっていません。

squareを使っていて感じるメリットとデメリット

【メリット】

  • 初期投資が少なくて済む
  • 決済の操作がとても簡単
  • タッチ決済なら一瞬で決済が終わる
  • カード決済時のサインが液晶画面なのでお客様に珍しがられる(ウケがいい)
  • カードリーダーとの接続がうまくいかないという時でもiPadでカード情報を手入力すれば決済できる

などメリット多数

【デメリット】

  • タッチ決済以外や、¥10,000を超える決済の時はサインが必要
  • 磁気、ICチップ付きクレジットカード決済の際サインが必要

といった点がデメリットです。

ただ、単純に少し時間を要するという点だけなのでデメリットといえるほどのものではないかと思います。

この点をクリアしたのがSquare Terminal(スクエアターミナル)

他社の決済システムを利用していた時期もありますが、モバイル決済端末とiPadの接続が悪いと決済ができずお客様をお待たせしてしまうことがあった。

それに対してsquareは接続ができなかった場合でもiPadで手入力をして決済することが可能なので、お客様をお待たせするというストレスはない。

Square Terminal(スクエアターミナル)ならすべての課題がクリア!

squareのデメリットは、クレジットカード決済でタッチ決済が利用できないカードでの決済の際にサインが必要だということ。

サインが必要で手間ではありましたが、お客様もiPadの画面に指でサインするシステムを「へ〜面白いね!」と興味を持ってくださっていました。

初めての人には興味深い決済方法だったかもしれませんが、複数回決済を重ねるとサインをするのを煩わしいと感じる人もいたかもしれません。

新しく発表されたのSquare Terminalはその課題をクリアしました。

Square Terminalの注目すべき点はこれ!

 Square Terminalという新しい端末はSquareリーダーの欠点を補ってくれます。

注目のポイントは
  • 暗証番号の入力で決済完了!
    (これまでのサインの記入がなくなります)
  • レシートプリンタと一体型
    (決済と同時に利用控えがプリントアウト)
  • 領収書やレシートの印刷が一台で完結
  • コードレスで丸一日充電不要
  • 電子機器が苦手な人でも使える簡単操作

サインから暗証番号入力になったことで、マイナス点がほぼ無くなりました。

Square Terminal(スクエアターミナル)唯一のデメリット

唯一デメリットを挙げるとしたら

端末代金が46,980円(税込)と少々値が張るところ。

「やっぱり初期費用かかるじゃん!」と言いたくなるのもわからなくもありません。

でもよくよく考えてください。

決済端末と、レシートプリント機能がついています。決済はクレジットカード、交通系電子マネー、非接触決済のiDやQUICPayが使えます。

月額固定費はかからず、これだけの機能がついた端末代が46,980円(税込)は良心的では無いでしょうか?

毎回の振込手数料も無料ですし!

  • アカウント(無料)を作れば簡単に操作ができるPOSレジ機能が使える
  • 売り上げのデータ分析が可能
  • スタッフの出勤退勤やシフト管理まで可能
  • 顧客管理
  • 在庫管理

など無料で使える機能が盛りだくさん!

squareの公式ページを見てみる

使わなくなったから解約する、という時の解約金も発生しないので安心です。

square(スクエア)導入したいけど端末代がやっぱりきつい!

やっぱりSquare Terminal(スクエアターミナル)の端末代46,980円(税込)は現状ちょっと厳しい!という方はsquareリーダーもおすすめです。

タッチ決済機能のないクレジットカードや1万円を超える決済の場合はサインが必要ですがこのリーダーの場合は初期費用が7,980円で済みます。

まずはこちらから始めても良いと思います。

私は現在このリーダーを利用しています。

鍼灸院というお会計でバタバタするような業種ではないので、特にお客様にストレスを与えることもなく決済いただいていますよ。

square(スクエア)で使えるクレジットカードの種類

クレジットカードは以下の主要国際ブランドの利用が可能です。

squareで使えるブランド
Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discoverのクレジットカードやデビットカード

square(スクエア)のカード決済手数料について

 クレジットカードや交通系電子マネー、QUICPayやiDはそれぞれ手数料が異なります。

私が利用していてVISA、Mastercardユーザーの方が多い印象です。

鍼灸院という個人経営の店舗でsquareを導入した感想

開業当初は現金のみの取り扱いでしたが、お客様からの

「カード使えないの?」

という声は無視できず、逆にクレジットカード決済を取り入れたことで来店頻度が増えた方もかなり増えました。

squareでクレジットカード決済をスタートし、他の決済システムも利用しましたが、squareが一番安定感があったので、引き続き現在も利用しています。

他社のワイヤレスの決済端末は電池切れや、接続がうまくいかなくて決済できずお客様にご迷惑をおかけしたことがありました。

square(スクエア)は端末の電池が切れていたとしても、iPadでカード情報を手入力すれば決済が可能。

困った時の一手があるsquareがなんとも頼れる存在です!

個人や小規模店舗で導入すべきクレジットカード決済はどこシステム? のまとめ

事業の規模にかかわらずキャッシュレス決済が使えない、というだけでマイナス評価されかねない時代。

最小限で、準備するのは決済端末を購入する費用だけというsquareは個人や小規模店舗で導入しやすい!

解約金もかからないので、まず試しに導入してみようと検討中の方はぜひ一度squareを試してみてください。

\決済の全てが一台の端末で!/

個人・小規模事業者に優しいシステムです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる