スポンサーリンク

いつも見ながら出勤している定番の番組
東海テレビ「スイッチ」にて料理研究家の浜内千波さんが出演されてて
面白おかしくトマトとナスについて取り上げていました!

甘くて美味しいフルーツトマトは春で一般的なトマトはこれからが旬。
ナスも夏が旬で知っておいて損はない!
意外と間違ってる野菜の知識を正すべく記事にまとめました。

今回は「トマト」のリコピン!がポイント!

トマトの旬

ひと昔前はトマトと言えばプチトマトかテニスボールくらいの大きさのトマトが普通でした。
今では、大小様々なものが品種改良で登場。
甘くて美味しいフルーツトマトは一般的には春が旬。
で、THEトマト!というボールサイズのものはこれから先6月くらいが旬。

含まれている栄養素

何と言っても、トマトと言えば植物に含まれる赤やオレンジの色素成分・カロテノイドの一つである「リコピン」が有名ですよね。

β-カロテンの仲間です。リコピンはカロテノイドの中でも抗酸化作用が高く、同じく抗酸化作用を持つビタミンEの100倍以上とも言われています。

といったことから美容面でも健康面でも特に注目されているってわけですね。

いつ摂取するのがベスト

リコピンは実は、いつ摂る??、が一番大事だそうです。
トマトジュースと言えば・・・カゴメさん。

カゴメさんの研究施設の情報によれば、
リコピンの吸収が良いのは「朝」だそうです!

実はもったいない摂取方法

リコピンは脂溶性の栄養素です。
脂溶性??
読んで字のごとく、油に溶け易いということです。
というとは・・・
生で何もかけず、つけずに食べたら勿体無い!ということ。
トマト本来の味を味わうには生で何もつけずがベストかもしれませんが、リコピンを最大限吸収しようと思ったら
「油」と一緒に摂取するのが理想。
オリーブオイルをかけたり、ドレッシングをかけたり。
ノンオイルではダメですよ。

オススメの摂取方法は?


チーズを乗せてオリーブオイルをかけて食べるカプレーゼーは最高に良い食べた方と言えますね。
ただし!カプレーゼーの食べ過ぎはNG!です。

リコピンは加熱調理すると生で食べるよりも数倍吸収が高まると言われています。
加熱したミネストローネや、トマトソースのパスタはオススメです!

まとめ

これから夏に向けて紫外線が非常に強くなりお肌へのダメージは凄まじいと思われます。
日焼けによるメラニンの蓄積はシミの元ですからね。しっかりUVケアをすることも大事です。
ただ、外からの対策と併せて中からの対策として抗酸化作用の高いリコピンを豊富に含むトマトを摂取することでダメージを最小限に抑えましょう!

内からも外からもアンチエイジング!で若々しいアクティブな毎日を送りましょう!

私は、トマト系のパスタやピザ大好き人間なのでオールシーズン摂取してますが、朝のトマトジュースをプラスしてみようかな〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク