美容情報

アンチエイジングにオススメのルイボスティーの効果・効能は?妊婦さんも飲めるノンカフェインティー。

寝る前に飲むとホット落ち着く飲み物としてオススメなルイボスティーはアンチエイジングにオススメ!と言われています。

日本のお茶とは違って色が濃くて赤いのが特徴のルイボスティー。

この記事ではルイボスティーの特徴や効果・効能について解説していきたいと思います。

ちょっと健康面を考えて何かできないかな?と考えている方など、気軽に始めれるのでぜひ初めて見てください!

ルイボスティーについて

ルイボスがルイボスティーの原料。
南アフリカ共和国の首都ケープタウンから200km離れたセダルバーグ山脈に囲まれた一帯が原産でここでしか取れないそうです。
ミネラルをたっぷりと含むこの土地でしか生産できないそうです。

ルイボスティーは紅茶や緑茶、中国茶などとは全く別な飲み物。

古くより南アフリカの先住民の間で日常的な飲み物として親しまれる一方で、
「奇跡のお茶」であったり「不老長寿のお茶」として、
日々の健康のために飲まれ続けてきましたとのこと。

ルイボスティーの特徴とその効果について

ルイボスティーのルイボスはマメ科の多年草です。
緑茶や紅茶、ウーロン茶など「チャノキ」から生まれるお茶とは違います。

ただ、同じチャノキから生まれる緑茶と紅茶があるのと同じように
ルイボスティーにもグリーンとレッドが存在します。

日本ではレッドのルイボスティーが有名ですが、
発酵させずに乾燥させるか、発酵させるかの違いです。

グリーンルイボスティーの特徴

未発酵(発酵させず乾燥させる)のグリーンルイボスティーは
・フラボノイド(抗酸化作用)がレッドの10倍
・香りにクセがないのでさっぱりしている
・デリケート(少しでも葉に傷があるとそこから発酵してしまう)で
管理にコストがかかるため価格も高くなってしまう。

グリーンルイボスの茶葉
緑茶のようなグリーンルイボスティー
レッドルイボスティーの特徴

・グリーンと比べると味わいや、香りが濃厚
・ほのかではあるが甘味も
・身近で手に入りやすいので続けやすい価格

レッドルイボスティーの茶葉
レッドのよく見かけるルイボスティー

日本でも産地の南アフリカ共和国でもレッドのルイボスティー
の方がよく飲まれています。

というわけで、日本でも馴染みの深いレッドルイボスティーについて
ここからさらにご紹介していきます。

スポンサーリンク

ルイボスティーの効果とその効能は?

どうしてルイボスティーなのか、どんな効果があってオススメなのか
知らずにすでに飲んでいる方もいらっしゃると思います。
ぜひ、効果・効能を知り最大限に活かしてみましょう!

 

酸化を防いでアンチエイジング効果

一番の有効成分は、「フラボノイド」というポリフェノールの一種で、
体を酸化させて疲労や老いを加速させると言われている
活性酸素を取り除いて体を守ってくれます。

冷え性を改善

フラボノイドが脂質や糖質の代謝を高めてくれます。
それによって、基礎体温の上昇が期待できます。
併せて、血流の促進も促すので冷え性の改善に効果があると言われています。

整腸作用・ダイエット・肌質改善にも

先ほどもお伝えしたように、代謝を高める働きがあるので
エネルギーの消費量UPが期待できます。

また、整腸作用があり便秘解消の効果も。
便秘が解消すると腸から溶け出て全身を巡っていた毒素が
カットされるので、お顔に出てくるニキビや吹き出物といった
肌トラブルも解消されます。

アレルギー症状の緩和・アトピーにも

花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などの
アレルギーは腸の働きが悪いと起こりやすいと言われています。

便秘がちだと腸内の毒素が腸から染み出て排出されてしまいます。
その毒素が全身を巡って身体に不調を引き起こします。
また、腸が炎症を起こすとヒスタミンが分泌されてアレルギー症状が
増悪してしまいます。

そんな時に整腸作用のあるルイボスティーを飲むことで
腸内で発生するヒスタミンを減らし、かゆみなどの炎症を
抑える効果が期待できるとされています。

リラックス効果抜群!自律神経を整えてぐっすり安眠へ

お風呂に入って湯船につかり、外から体を温めた後に
ホットのルイボスティーで中から温める。
就寝前に体温を上昇させて、緩やかに体が冷めていく過程で
眠気がやってきて深く質の良い眠りに入ることが出来る
と言われています。

お布団に入る1時間くらい前に飲むのがオススメですよ!

まとめ

ホットで飲むのがおススメですが、夏場の厚い時には冷やして
飲むのもおススメです!
ルイボスティーを飲むだけの手軽なアンチエイジング。

メリットばかりのルイボスティー。
ノンカフェインで妊活中でも飲むことができます。
デメリットは・・・飲みすぎると利尿作用があるので
トイレが近くなること、くらいでしょうか。

日頃の体ケアの一つとして取り入れてみてはいかがでしょう。

ダイエット中は特に気にして摂りたいミネラル。どうして必要なの?ミネラルを摂りましょう!と言われてすぐにこれ食べよう! ってすぐに思い浮かぶものありますか?? そもそもミネラルってどんな働きし...

最後までよんでいただきありがとうございました!
Twitterでシェア、はてなブックマークでシェアしていただけると
とても嬉しいです!よろしくお願いします♪

PVアクセスランキング にほんブログ村 
ABOUT ME
アバター
島暮らしに憧れる鍼灸師
鍼灸師の私が、「健康」と「美容」に関する気になる情報をわかりやすく説明!ひよっこのブログサイトではありますが、こちらで情報を発信中です!ブロガー仲間パソコンとつながりたい!目指せ島暮らし♪
あわせて読みたい