最新のおすすめ記事はこちらCLICK!!

妊娠中はコーヒーを一日に何杯飲んで大丈夫?カフェインのリスクを知っておくことがマタニティー期間をストレスフリーで過ごすポイント!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

妊娠した妊婦さんが妊娠中に気をつけなければいけないのがコーヒー。私って一日に何杯までなら飲んで大丈夫なのかな?って思うはず!

なんとなく自分にも赤ちゃんにも影響ありそうなカフェインを含むのがコーヒー。

コーヒーに限らず、カフェラテとか好きだから毎日飲んでた!けど、妊娠をきっかけに一旦やめたって人いるのでは?

私の知人も妊娠中にコーヒー飲みたいけど何倍までなら大丈夫なのか気にしていたので調べてみたところ、飲んでも大丈夫!ということがわかりました!

ただ気をつけないといけない点があるのでそれも踏まえてまとめていきます!近くにコーヒー好きの妊婦さんがいらしたらぜひ教えてあげてください♪

ひつじ

この記事では妊娠中にコーヒーを飲んで大丈夫か、何倍飲めるか、カフェインのリスクがわかります!

やまだ

マタニティー期間をストレスフリーで過ごすためにも大事な情報なのでぜひ最後まで読んでみてください!

目次

妊娠中のコーヒーは飲んで大丈夫?

妊娠中だからといってコーヒーを飲みたい!という欲求を抑えるのは辛いですよね?

実際のところ、コーヒーを飲んではいけないということはありません。飲んでも大丈夫!

ただ、コーヒーに含まれるカフェインがお腹の赤ちゃんに影響を与える可能性があると言われているので、完全にNGではないのに飲んではいけないリストに含まれている

というのが現状です。

カフェインがお腹の赤ちゃんに与える影響は?

カフェインには血管を収縮させる作用があります。

妊娠中にカフェインを摂取するとお腹が張って流産や早産のリスクを高めます。

加えて、血管が収縮すると血液を通して赤ちゃんに運ばれる酸素・栄養分が減るため低体重や低酸素状態になる可能性があります。

妊娠中はコーヒーを一日に何杯飲んで大丈夫?

妊娠中に妊婦さんがコーヒーを1日に何倍までなら飲んで大丈夫か?残念ながら日本の厚生労働省から明確に数値の発表がされていません。

ただ、世界保健機関(WHO)やイギリスの食品基準庁(FSA)、カナダ保健省(HC)が胎児への影響を考慮して注意喚起している基準が以下の通りです!

  • 世界保健機関(WHO)
    1日3〜4杯まで
  • イギリス食品基準庁(FSA)
    200mg(マグカップでコーヒー2杯程度)
  • カナダ保健省(HC)
    妊婦・授乳中・妊娠を予定している女性は300mg(マグカップで約2杯)まで

日本で基準値が設定されていない理由

やまだ

カフェインを一生が摂取し続けたとしても、健康に悪影響が生じないと推定される1日あたりの摂取量は個人差が大きいことなどを理由に基準値の設定がされていないそうです!

国際機関の基準によれば妊娠してようが、授乳中であろうがコーヒーを1日に2杯くらいまでは飲んで問題ない!という見方ができますね。

コーヒーの香りでマタニティー期間をストレスフリーで過ごす!

コーヒーというとカフェインがどうしてもつきまといます。

言ってみれば悪いイメージ。

でも、コーヒーの香りを嗅ぐと脳からα波が出ることが科学的に証明されました。

簡単いえば、コーヒーの香りにはリラックス効果がある!ということが科学的に証明された、ということです。

たくさん飲むことはおすすめではないけれども、コーヒーの香りを嗅ぐことで妊娠中のイライラや不安を落ち着かせる効果が期待できます。

カフェインを気にせずにコーヒーを楽しむならカフェインレスがおすすめ

寝る前にコーヒーを飲むとカフェインの影響で目が冴えてしまいますが、カフェインレスのコーヒーであればその心配はありません。

最近は妊娠中の女性に限らず、健康のためにカフェインレスを選択する人が増えています。

カフェインレスであれば、妊娠中でも気にすることなく飲めるので安心!

冷えたカフェインレスコーヒーの商品はまだまだ少ないですが、ホットで飲めるインスタントのカフェインレスは種類が増えてきていますよ!

妊娠中はコーヒーを一日に何杯飲んで大丈夫? のまとめ

自分だけの体じゃない妊娠中の妊婦さん。

妊婦さんだけがコーヒーに対して敏感になるのではなく、周りもカフェインレスにするとか、他の飲み物にするなどさりげない気遣いができるときっと絆が深まりますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる