最新のおすすめ記事はこちらCLICK!!

ゴルフ肘は湿布で治る?症状についてや、なかなか治らない時の対処法について

ゴルフ肘は肘の内側に痛みが出るゴルフをプレイしている人に多い症状、疾患です。

上腕骨内側上顆炎が正式な診断名で、ゴルフプレイヤーに多いので通称ゴルフ肘と呼ばれています。

最初は弱い痛みなので湿布を貼れば痛みが軽減しますが、ひどくなると湿布だけで治るのか、というとそれは微妙なところ。

悪化するとなか治らないゴルフ肘の対処法について紹介していきます。

ゴルフをする機会があって、肘の内側に痛みがある方はもしかしたらゴルフ肘かもしれません。

この記事はこんな人におすすめ
  • ゴルフが趣味で、肘の内側が痛い人
  • 肘の内側に痛みが出てからまだ病院に行っていない人
  • できれば病院に行きたくない人
  • 湿布を貼っても痛みが改善しない人
目次

ゴルフ肘について

ゴルフ肘は肘の内側の上腕骨内側上顆という部分に付着している

4つの屈筋群

  • 橈側手根屈筋
  • 尺側手根屈筋
  • 長掌筋
  • 円回内筋

の使いすぎで起こる痛みです。
その中で、もっとも痛みを感じるのが橈側手根屈筋という筋肉と言われています。

前腕屈筋群の付着部と作用について

4つの前腕の屈筋群(筋肉)は上腕骨という腕の骨の内側上顆から筋肉が起こっています。(くっついている)

この4つの筋肉は

  • 指を曲げる
  • 手首を曲げる動作
  • 手の甲を上に回旋させる

作用、働きがあります。

ゴルフ肘はこんな人に多い

お仕事や、日常生活の中で上記のような動作を頻繁にする方や野球やコルフのように繰り返し手に力を入れる動作を繰り返す人に多く起こりやすい痛みです。

ゴルフ肘かもって思ったらひとまず整形外科へ

肘の内側が痛いな、と思ったらひとまずは整形外科を受診しましょう。

軽度の症状であれば、

  1. 整形外科受診▶︎カルテ記入
  2. レントゲン撮影▶︎診察
  3. 診断▶︎特に以上なし▶︎保存療法

という流れになることが多いです。

MEMO 

特に何もなく様子を見ましょう、ということになれば、炎症している筋肉を休ませる、という意味あいで

  • 湿布薬
  • 塗り薬

のどちらかが処方されることが多いです。

何もしない、使わないことが早く治すために必要です、が何かして早く治したいところですよね?

POINT!!

整形外科には筋肉や骨に異常がないかを確認に行くという認識でOKです。処置はほとんどなく安静が一番というのが病院の判断

ゴルフ肘を早く治す方法

運動を控えることはできても日常生活で使わないわけにいかないのが肘。

だからこそ、手をかけてあげることが大事です!ゴルフ肘を早く治す方法を紹介します。

エルボーバンドを巻く

痛みが強い場合は、痛い場所の近くをエルボーバンドを巻いて筋肉の負荷を減らすのがポイント。橈側手根屈筋の筋肉の動きをバンドで圧迫することで肘の付着にかかる負荷を減らすことができます。

特に、物を持ち上げる動きをすることが多い人はエルボーバンドがお勧めです。

こまめにストレッチをする

痛みの原因は筋肉の使いすぎなので、使った筋肉をしっかりとほぐして緊張を和らげるべく、前腕の筋肉のストレッチをします。

ストレッチをすることで筋肉の緊張が和らぎます。

ゴルフ肘には処方された湿布も有効

ゴルフ肘の痛みの原因は筋肉の使い過ぎによる筋肉の炎症。その炎症を抑えるのに、消炎鎮痛作用のある湿布薬を患部に貼るのはとても有効です。

湿布を貼ったら治るという物ではなく、日頃の生活習慣の中で肘にかかるストレスを減らすように気をつけることも同時に取り組むことがとても大事です。

ここが大事!

ゴルフ肘にかかわらず湿布が処方される時は、患部の炎症を抑えることに加えて生活習慣の見直しも大事なことです。

ゴルフ肘の痛みが強い場合

炎症が強い場合はエルボーバンドやストレッチの前に炎症を抑える目的で、痛い場所にストロイドの局所注射を行うことがあります。

注射が嫌で痛みに耐えての生活を続けると肘以外にも緊張が出ます。

少々緊張もして怖いかもしれませんが、炎症を抑えるには早い段階で注射を打ってもらって痛みを緩和させるのも早く治すうえでは重要です。

ゴルフ肘は湿布で治る? まとめ

使いながら治すというケースが多いのがゴルフ肘。

使う頻度を抑えて休ませてあげたら治る症状なので、もし痛みがきつくて悩んでいる方が近くにいたら使い過ぎを指摘してあげて、休むことも大事だよ!って伝えてあげてください。

常日頃からストレッチの習慣もつけるとベストです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる