健康情報

妊娠中や授乳中に飲めるカフェインレス&ノンカフェインドリンク!暑い夏に飲みたいオススメ5選

梅雨が明けて汗をかく季節には氷の入った冷たいコーヒーや紅茶を飲みたい!って方多いはず。

でも、妊娠中や授乳中は気軽に飲んではいけないものも。

鍼灸師として活動していると妊娠中や授乳中でも飲めるカフェインレス&ノンカフェインドリンクがあるか質問されることがあります。

その時に調べたこととあわせて、暑い夏に飲みたいオススメ5選を紹介します。

妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?カフェインの影響と摂取量について

妊娠中・授乳中のカフェインの摂取は控えた方が良い、といわれることがあります。

カフェインには眠気を覚ます覚醒効果や精神を興奮させる効果がある反面、目が冴えて眠れなくなったり、神経や胃腸を過剰に刺激するデメリットがあります。

加えて、妊娠中の妊婦さんの場合、うっかり摂取しすぎると

  • 流産の可能性が増える
  • 赤ちゃんの発育が遅くなる

可能性がある、といわれています。

※WHOによれば、カフェインの過剰摂取は胎児の成長の遅れ・出生時の低体重や早産・死産につながる可能性があるといわれています。
(現状、科学的根拠が示されているわけではありません)

カフェインをとりすぎると流産しやすい、赤ちゃんの発育が遅くなる可能性がある、というだけで根拠がないのが実情。

カフェインの影響と摂取量について

流産の可能性がある、赤ちゃんの発育が遅れる

影響があるといわれる一方、実は日本では摂取量については明確な基準が決められていません。

海外の国々で基準を設けているのがオーストラリアとニュージーランド、カナダ。

国名 摂取基準量
  オーストラリア 210mg
  ニュージーランド 210mg
  カナダ 400mg

 

コーヒーに換算すると、1杯150㎖のマグカップでカフェインの量は約100㎎弱とされています。

ということからカナダ基準で一日3~4杯程度。カナダより厳しいニュージーランドオーストラリア基準で妊娠中も2杯前後は飲んでも問題ないとされています。

↓↓カフェインの危険性について厚生労働省がまとめたページがありますのでご紹介

妊娠中や授乳中はカフェインレス&ノンカフェインドリンクがオススメ

自分が飲むものが赤ちゃんに影響を与えてしまうんではないかと心配な妊娠中や授乳中はカフェインレス&ノンカフェインドリンクが安心でオススメです。

カフェインレスと、ノンカフェインについて簡単に解説しますね!

ノンカフェイン飲料とは?特徴について

ノンカフェイン飲料はカフェインが全く入っていない飲料の事です。

ノンカフェインのお茶やコーヒーなど近年商品が増えてきました。

カフェインが全く入っていないのでノンカフェイン。妊娠中・授乳中でも安心して飲むことができますよ。

カフェインレス飲料の特徴

カフェインレス飲料はカフェインを90%以上取り除いた飲料の事です。

完全には取り除けているわけではないのでノンカフェインではありませんが、90%以上カットされているので摂り過ぎることは無いといってもよいでしょう。

カフェインが入っているドリンクや食品の例

イメージしやすい、ほんの一例です。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • お茶
  • 炭酸飲料(コーラ)
  • エナジードリンク(栄養ドリンク)
  • チョコレート

など

スポンサーリンク

暑い夏に飲みたいオススメ5選

暑い夏にカフェインを気にせずがぶがぶ飲みたい、がぶ飲めるオススメのドリンク5選を紹介します!

夏の水分補給の定番といえば「麦茶」

夏といえば麦茶!昔から身近なノンカフェインドリンクの代表。

ミネラルが豊富なので、汗をかいて排出してしまったミネラルの補給に最適。熱中症が気になる夏のドリンクとして昔から飲まれていたのはこういう理由から。

お湯を沸かして、水出しでもOKという手軽なのがまた良いですね。

最近は濃縮缶をミネラルウォーターに入れて即席麦茶も登場してさらに手軽に作れるノンカフェインドリンクとして注目されています。

created by Rinker
伊藤園
¥172
(2020/09/29 00:14:57時点 Amazon調べ-詳細)

最近はやりの水で薄めるだけでできる濃縮缶の簡単麦茶

created by Rinker
健康ミネラルむぎ茶
¥2,931
(2020/09/29 00:14:58時点 Amazon調べ-詳細)

食べるだけじゃない!ダイエットにもオススメ「黒豆茶」

黒豆というと食べるイメージが強いですが、黒豆に含まれるアントシアニンには抗酸化作用があり老化予防にも!

カリウムやカルシウム、鉄などの微量ミネラル・ビタミンも含むのでダイエット中や汗をかく夏場のミネラル補給にオススメのノンカフェインドリンク!

created by Rinker
伝承の健康茶
¥491
(2020/09/29 00:14:59時点 Amazon調べ-詳細)

どくだみ茶

薬草として重宝されていたどくだみ。血管強化、デトックス、整腸作用がある!といわれています。

冷え症、花粉症、高血圧の予防など様々な健康効果が期待されます。暑くても冷房で冷えてしまって脚がむくむという方にオススメです!

created by Rinker
OrgaLife(オーガライフ)
¥1,890
(2020/09/29 00:15:00時点 Amazon調べ-詳細)

リラックス効果抜群のルイボスティー

ミネラルが豊富でアンチエイジング効果が有名なルイボスティー。

冷え症の改善や整腸作用、肌荒れ予防や夏の紫外線によるダメージのリカバリーにもオススメです。

ノンカフェインのルイボスティー。どうせ買うなら有機無農薬の商品が良いですよね!
無農薬の商品ありますよ。

↓↓ルイボスティーについてこちらの記事で詳しくまとめてあります!

アンチエイジングにオススメのルイボスティーの効果・効能は?妊婦さんも飲めるノンカフェインティー。寝る前に飲むとホット落ち着く飲み物としてオススメなルイボスティーはアンチエイジングにオススメ!と言われています。 日本のお茶とは違って色が濃くて赤いのが特徴のルイボスティー。 この記事ではルイボスティーの特徴や効果・効能について解説していきたいと思います。 ちょっと健康面を考えて何かできないかな?と考えている方など、気軽に始めれるのでぜひ初めて見てください!...

母乳の質を良くしてくれる「たんぽぽコーヒー」

たんぽぽの根にある成分の「タラキサンシン」は苦味成分で、母乳の分泌を促進する働きがあります。

たんぽぽ茶にはルティン、レシチン、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCが含まれます。

  • ルテイン…目に良いと言われている成分
  • レシチン…血行促進に効果的な成分
  • ビタミンA…美肌によい、保湿効果がある成分
  • ビタミンB群…美容や疲労回復に良い成分
  • ビタミンC…美肌に良い成分 抗酸化作用が高い

赤ちゃんに影響があるかもしれないことを考えると、オーガニックにしたいですよね。

↓↓無農薬で国内焙煎なのでオススメ↓↓

妊娠中や授乳中に飲めるカフェインレス&ノンカフェインドリンク! のまとめ

妊娠中&授乳中はカフェインのとりすぎに気をつけたいママが多いと思います。でもノンカフェインやカフェインレスドリンクがたくさんあります。

スーパーでもお取り寄せでも!
いろいろと試して自分のお気に入りを見つけてみてください!

 

↓↓妊娠中・授乳中でも安心のカフェインレスコーヒーについてまとめました!

カフェインレスコーヒーは妊娠中何杯まで飲める?味や体への影響についてカフェインレスコーヒーは妊娠中でも飲めるコーヒーとして注目されています。コーヒー好きの妊婦さんにはありがたいけれど、何杯までなら飲んで良い?コーヒーと味に違いがある?体への影響は?といった不安も・・・。何杯までなら飲んで大丈夫か、味の違いや体の影響の有無について調べてみました。...
ABOUT ME
アバター
島暮らしに憧れる鍼灸師
鍼灸師の私が、「健康」と「美容」に関する気になる情報をわかりやすく説明!ひよっこのブログサイトではありますが、こちらで情報を発信中です!ブロガー仲間パソコンとつながりたい!目指せ島暮らし♪
あわせて読みたい