最新のおすすめ記事はこちらCLICK!!

ワクチン接種で副反応が出る人、出ない人の特徴は?お客様からのヒアリングからできる対策を紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

私の経営する鍼灸院でもワクチン接種を済ませたというお客様が増えてきました。

接種済みのお客様から副反応(頭痛や熱)が出たどうか聞いてみると出る人、出ない人に分かれました。ヒアリングしていくうちに副反応が出る、出ない人の特徴が見えてきました。

対策をすれば副反応が出ない、とは言い切れません。

でも実はこの対策は本当に基本的なことだったりするので、これからワクチン接種を控える方は実践していただくことをお勧めします!

目次

ワクチン接種で副反応が出る人、出ない人の特徴について

私の鍼灸院に来店いただいているお客様からワクチン接種後の副反応についてヒアリングをしました。

副反応が出る人と出ない人の特徴を紹介します。

副反応が出た人の特徴

ファイザー製、モデルナ製ともに

  • 過去にワクチンを摂取してもインフルエンザにかかった経験がある人
  • 毎年のようにインフルエンザに感染しているという人
  • 痩せ型の人
  • 花粉症、アレルギー性鼻炎持ちの人
  • 寝不足
  • 疲労気味
  • お酒を飲むのが好きな人
  • 20代前半の学生
  • 20代〜30代前半の女性

という人が副反応が強くでたと言っていました。

やまだ

メディアでもたびたび耳にしますが、どちらかというとモデルナ製のワクチンを摂取した人の方が副反応の程度が強かったようにヒアリングをしていて感じました

副反応が出ない人の特徴

ファイザー製、モデルナ製ともに

  • 前日はしっかり睡眠をとって当日を迎えた
  • 体調万全だった
  • 水分をよく摂取する
  • 摂取前は1週間禁酒した
  • 摂取の前日は休日だった
  • 摂取を控えた1週間はジムでの運動を控えめにした

という人は副反応が出なかったとのことです。

やまだ

頭痛や熱が出るという副反応は無かったものの、ワクチンを打った場所(腕)は2日間くらいは痛みがあった、という人がほとんどでした。

副反応を軽くする対策は?

当店にご来店いただいているお客様へのヒアリング結果から副反応を軽くする対策があるとすれば以下の点が挙げられます。

  • ワクチン接種の前日は早めに寝てしっかりと睡眠を取る
  • ワクチン接種の1週間から飲酒を控える
  • 疲れを溜めない
  • 疲れが溜まっていたらマッサージを受ける
  • お風呂でゆったりとリフレッシュする
  • 水分をしっかり摂取する
    ※水やお茶(ノンカフェインのもの)

といった点に気をつけると良さそうです。

が、よくよく考えると上記のポイントは体調管理をする上で当たり前と言えば当たり前のこと。ですが実はその当たり前ができていないのが現代人。

やまだ

必ずしも副反応が出ないわけではないものの、上記のポイントを押さえて対策をしておくと良いかと思われます!

副反応には個人差がある

ワクチン摂取後に出る副反応には個人差があるようです。

1回目は無かったが、2回目は副反応が出たという人。1回目から副反応があったという人。1回目も2回目も副反応は全く無かったという人など様々。

メディアでも報告されているように、2回目の方が副反応は強い傾向にあります。

1回目は翌日休みでなくても、2回目は翌日はお仕事が休みにできる日に接種を受けるのが良さそうです。

副反応(頭痛・熱など)に備えて前もって準備しておきたいもの

必ずしも副反応が出るわけではないですが、前もって準備しておきたいのが、解熱鎮痛剤と経口補水液。

熱を下げる、痛みを抑える目的の解熱鎮痛剤と、熱が出て体液が失われた時に必要な栄養素を補える経口補水液を事前に準備しておきましょう!

仮に準備していて使わなくて済んだならそれはそれで結果オーライ!くらいの気持ちで備えましょう。

やまだ

やまだはいつもイブのお世話になっているのでこちらをおすすめしますが、鎮痛薬をあまり飲む機会がない方は薬剤師さん相談するのが安心です!

ワクチン接種をした私の体感レビュー

私やまだはワクチン接種(ファイザー製)を1回終えました。

睡眠をしっかりとって、水分補給をしっかりして、お酒も飲まず、疲れをとって臨みました。

体感としては打った箇所の痛みがあるくらいで、他は特に反応はありませんでした。

2回目の接種を終えての体感レビュー

1回目の3週間後に2回目の接種を終えました。

体感として、接種してから10時間後くらい目では1回目とほぼ変わらない印象でした。が、12〜13時間経過してから何となく体に変化が出ました。

体に現れた変化としては

  • うっすらと寒さを感じる
  • 強ばったような感覚
  • ほんの少し、感じるか感じないかくらいの頭の痛み

がありました。

対策として行ったこと
  • 疲れないように無理を極力控えた
  • 水分をたくさん摂取した
    ポカリとかスポーツドリンクを1〜1.5Lくらい
  • 早めに入浴を済ませて、うっすら異変を感じたタイミングで就寝
  • 念の為、夕食後に解熱鎮痛剤を服用

上記対策をしたところ、強い頭痛で悩まされることはなかったですし、高熱が出ることもありませんでした。

起床時にまだ肌寒さを感じたものの関節が痛むなどの悪寒はなく、念の為に再度解熱鎮痛剤を服用と、水分を500mL〜1L摂取しました。

接種後24時間経過しましたが、副反応らしい症状は現状はありません。

個人差はあるものの

意識的に水分補給を心がけること、解熱鎮痛剤を熱が出る出ないに関わらず接種後10時間くらい経過したタイミングで服用することで副反応は軽く抑えれそうです。

まとめ

ワクチンの副反応対策としてできることをまとめてみました。

あくまで受けたお客様の体感をヒアリングして副反応が少なかった、出なかった方が行った対策をまとめたものになります。

必ずしも副反応を抑えれるわけではないので、その点はご理解いただき、各自できる対策をとってワクチン接種に臨みましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる