コーヒーに入っているカゼインNaって何?妊娠中に摂って大丈夫な甘味料と危険な添加物も

ブラックコーヒーには入っていないけれどミルクが入っているものには必ずカゼインNaが入っています。

成分表示を見ると記載のあるカゼインナトリウムですが、ふとこれ何?って思って調べてみました。

やまだ

妊娠中に摂って大丈夫な甘味料と危険な添加物についても併せてまとめてみたので、妊娠中や身近に妊婦さんがいらっしゃる方、読んでみてください!
カフェインレスのカフェオレは妊娠中飲んで大丈夫?おすすめ6選と自分で美味しく作る方法伝授!

コーヒーに入っているカゼインナトリウム(カゼインNa)って何?

カゼインは、牛乳やチーズチーズなどに含まれるリンタンパクの一種で、カゼインナトリウム(カゼインNa)はカゼインにナトリウムを添加した食品添加物で様々な用途で食品に使われています。

MEMO
食品添加物ではありますが、牛乳やチーズに含まれるので自然由来の天然の添加物です。

カゼインナトリウムは水溶性で非水溶性のものと溶け合うのに必要な乳化剤の働きをします。

主な用途
ミルクとコーヒー(紅茶など)が混ざる状態を維持したりアイスクリームの乳脂肪の分離を防ぐなど、乳製品が食品に溶け込んだ状態を保つために使用されます。

缶コーヒー、カフェオレ、アイスクリーム、洋菓子やパンに使われていることが多いです

コーヒーに入っているカゼインNaは妊娠中に摂って大丈夫?

カゼインNaは牛乳由来の天然添加物なので、妊娠中に摂っても大丈夫です。

注意
妊娠中に牛乳を飲むと子供にアトピーが出やすいという研究報告もあるので過剰摂取は控えた方が良さそうです

コーヒーに入ってるいカフェインの摂り過ぎには注意しましょう!

カフェインレスコーヒーは妊娠中何杯まで飲める?味や体への影響について
注意
カゼインナトリウムが入っている飲料や食品は糖質が多く甘くて高カロリー!カゼインナトリウムは併せてそういったものをたくさん摂ることにつながります。
そういった点でカゼインナトリウムの摂りすぎには注意しましょう!
スポンサーリンク

大手メーカーのカゼインナトリウム(カゼインNa)についての見解

ほとんどの大手飲料メーカーで使用されていますが、カゼインナトリウム(カゼインNa)について消費者向けに回答しているページがあったのでご紹介。

伊藤園と、KIRINのページに掲載がありました。

「カゼインNa」とは何ですか?

カゼインNaとは、牛乳に含まれるたんぱく質のカゼインを原料とし、これを水に溶かしやすくしたものです。
コーヒーとミルクが混ざり合った状態(均一化)を保つために使用しています。

出典:伊藤園(伊藤園お客様相談室)

缶コーヒーに入っている「カゼインNa」って何ですか?

「カゼインNa」のカゼインは牛乳などに含まれるたんぱく質の一種です。製品中でコーヒーとミルクが混ざり合った状態を保つために使用しています。(カゼインを水に溶けやすく加工されたものが「カゼインNa(カゼインナトリウム)」です。)

出典:KIRIN(Q&Aページより)

妊娠中の甘味料(人工甘味料)との付き合い方

妊娠すると胎児の成長とともに母体はお腹が大きくなり運動量も落ちてきます。カロリーを消費するような激しい運動はできません。

とは言っても、砂糖(甘味料)の入ったコーヒーやカフェオレなどを息抜きに飲みたいもの。

もちろん飲んでも問題ありません。ただ、運動量が落ちてしまうので飲みすぎると体重増の原因になります。

そのため、砂糖の代わりにカロリーゼロの人工甘味料が入った飲み物を選択するのもあり。でも人工甘味料とは上手く付き合うことが大事です。

妊娠中に人工甘味料を摂取するリスクは?

人工甘味料が入った飲み物を毎日飲んでいた妊婦の子供が1歳の時点で体重過多に落ちいるリスクが一般の子供の約2倍になることが発見されました。

またカナダの大学研究者により人工甘味料を長期間使うと砂糖(甘味料)ほどではないものの肥満や代謝疾患のリスクを増やす恐れがあると米国医学会雑誌(JAMA)でレポートが掲載されました。

日本で使用されている人工甘味料
スクラロース、アセスルファムK(カリウム)、アスパルテームなどが代表的です。

ゼロカロリーでダイエットに有効な反面、健康を害する添加物という見方もされています。摂りすぎには注意しましょう!

妊娠中に摂取しない方が良い食品添加物

妊娠中は摂取して良いものと摂取しない方が良い食品は紙一重です。摂取しても大丈夫なものも過剰摂取しては体に負担をかける可能性があります。

過剰摂取には気をつけましょう!

摂取しない方が良いのはカフェインの入った飲料です。

例えば、滋養強壮剤(栄養ドリンク)や、コーヒー、紅茶や緑茶などです。

主に上記のドリンクにはカフェインが入っており、胎児の成長や発達に影響が出る可能性があるので摂取しない方が良いと思います。

妊娠中はカフェインを気にせずに飲めるカフェインレスがおすすめ

コーヒー、紅茶、緑茶を飲むのが生活習慣の中に定着してしまっていると、それがカフェインが入っているせいで飲めない!となるとストレスになりかねません。

そんな時はカフェインレスのコーヒーや紅茶や緑茶などがおすすめです。

コーヒーに入っているカゼインNaって何? のまとめ

カゼインは牛乳由来のタンパク質で摂っても大丈夫な天然の添加物です。コーヒーや紅茶などミルク系の飲料に入っています。他に牛乳を使う洋菓子など様々な食品に入っています。

天然添加物だから大丈夫!ではありますが、カゼインNaの入っている飲料や食品は糖質が高いことを忘れないようにしてくださいね!

 

貿易屋珈琲店の沖縄黒糖ココアの1杯あたりのカロリーは?美味しい作り方と知られざる栄養素について